【横浜 探偵】コロナでも減らない!浮気調査で証拠発見後は離婚か?復縁か?

 

こんにちは。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

弱っている人や困っている人の力になりたい。
どうも、横浜の探偵として活動している『シークレットジャパン横浜』です。

少しでも、読者の方に参考になればと思い書かせていただいております。

それではいってみましょう!!

・・・

・・・

新型コロナウィルスが流行している中でも浮気や不倫はなくなりません。

浮気・不倫調査の依頼が大半を占める探偵業。

夫が浮気をしているかもしれない・・・妻が浮気をしているかもしれない・・・そんな事を考える日々・・・憂鬱になってしまいますね。

浮気の事実を知りたい!証拠をつかみたい!そのような時は探偵に調査を依頼すると、確かな証拠をつかんでくれます。

あなたの気持ちに整理をつけさせてくれます。

さてさて、真実を知り、証拠をつかんだ後はどうするでしょう。

大抵の人は浮気の真実を知り、証拠をつかんだら離婚をし、慰謝料をもらいたいと思います。

しかし、選択肢はいくつもあるのです。

調査の結果、浮気や不倫の証拠をつかんだとしても、離婚という選択をしない方が多いのです。

浮気をしていた相手と今後も一緒に居るなんて・・・と思う方も多いと思います。

しかし、中には、今の現状が変わるのは嫌だと思い、『離婚をしない』と選択する方が実際にいるのが現状です。

そこで今回のお話は、依頼者様が「浮気・不倫調査」の結果、事実や証拠をつかんだ時にどのような選択をするのかについてです。

離婚を選択する人はどのくらいの割合か

『離婚をしない』と選択する方は、実際のところどれくらいの割合を占めているのでしょうか。

ある探偵事務所の統計データによりますと、70~80%の方が、『離婚をしない』という選択をしているとのことです。

ほとんどの人が離婚を選択せず、『復縁』を選択しています。

予想と外れたのではないでしょうか?

探偵に「浮気・不倫調査」を依頼したのになぜ離婚を選択しないのでしょうか?

疑問は深まるばかりですね・・・

依頼者様の多くは、事実を知ってしまったら『離婚』しようという思いが依頼時には強いです。

夫や妻の事実を知ってしまったら怒りが頂点に達し、酷くショックを受けます。

ましてや、調査報告書には浮気・不倫相手の顔が載せられています。

普段家庭では見せない表情や、ラブホテルの入退室時の画像を見ると、怒りがこみあげてきて、『今後この人とは一緒に暮らせない』『許せない』『嫌悪感が凄い』など様々な感情が出てきて『離婚』を選択しそうなものですが、『離婚をしない』という選択をするのはなぜなのでしょうか?

経済面が大きなカギ

夫や妻の不倫の事実がバレてしまったのに『離婚をしない』という選択するのはなぜでしょうか?

大きな理由とされるのが、経済面が厳しくなるというのが多いです。

専業主婦の方に多いとされています。

夫婦共に正社員で勤めていた場合、各自の経済力で生活ができるので『離婚』という選択をするこができますが、専業主婦やパートタイムで働いている方は『離婚する』という選択はなかなかと厳しいのではないでしょうか。

従来通りの生活を送ることは非常に困難かと思われます。

離婚後すぐに就職しようと思っても正社員として働くことは難しそうですよね。

長年勤めていたり、手に職がある方は別ですが。

特に今後は新型コロナウィルスの影響もあり、不況が予測されます。厳しいご時世です。

特にお子さんがいらっしゃる方は働かないと生計を立てられません。

働いてる間は保育園や託児所に預けることが絶対条件となってきます。

保育園や託児所のお金もかかってきます。

親族に面倒をみてもらえれば良いのですが、少なからず迷惑がかかってしまいます。

色々と生活が変化します。

しかも180度変わります。人は変化を嫌う傾向があります。

ましてや、その変化した生活が保障されるものでもありません。

不安でしかないですよね・・・

しかも、最悪なケースは不倫をされた側であっても、経済的理由から親権を取れない場合もあります。

そんな事ありますか?

・・・あるんです。

理不尽なことですが、実際にあります。

もうそうなった時は最悪ですよね。

普通に生活していたはずのに夫は不倫をし、おまけに親権まで取られる・・・極端な例ですが可能性はあります。

生活が変わっても夫からも不倫相手からも慰謝料や養育費があるから大丈夫!それよりも真実を知って前に進みたいという強い意志を持った方もいるかもしれません。

ですが、多くの方はそうはいかないのが現状です。

なので、『離婚をしない』を選択すれば、今まで通りに夫から経済的援助を受けることができます。

就職活動をする必要もありませんし、保育園や託児所も探す必要もありません。

事実を知った上で我慢をすれば今までの生活は保障されるのです。

そういった考えの方が多いようですね。

極端な選択のようですが、『離婚』を選択するには様々なリスクが伴います。

慰謝料や養育費をキチンと取れたり、経済的にも問題がない方は『離婚』を選択します。

経済面が大きなカギを握っています。

慰謝料をもらって離婚や復縁の選択で人生を再出発!

第二の人生を再出発する為に『離婚』を選択するのも良い選択肢です。

夫や妻、その不倫相手の双方から慰謝料をもらい、離婚に応じてもらうケースも多くあります。

慰謝料で探偵や弁護士に費用を支払い、残ったお金をもとにスッキリとした形で新しい人生を始めるという決断をするそうです。

『離婚』を選択するという事は、人によってはBESTな選択とは言えない反面、経済的援助の為に我慢するというのも何だか難しいものです。

探偵に依頼して浮気や不倫の証拠の結果が出た場合、夫婦間にとってとても大きな出来事となります。

不倫をした本人からは「離婚しよう」とは言う権利はなく、反対に浮気や不倫の証拠を握っている方は優位な立場です。

何かあればいつだって離婚を切り出せるのです。

経済面で優位に立って態度が大きかった夫が、浮気や不倫の証拠を持たれたことによって、大人しくなり、小さくなることがあります。

証拠を持っている方が確実に優位なのです。

浮気や不倫は絶対に許せないが、いつだって離婚を切り出せる優位な立場になり、夫が妻や子供たちに時間を割いてくれるようになるならば離婚はせず、関係を修復して復縁するのも一つの考えです。

復縁の道を選んだら、あとは前に進むだけです。

過去の浮気や不倫の話題を持ち出さないよう心掛けましょう。

その話題に触れないことで、あなたの思いやりや懐の深さを実感し、夫婦関係をより良いものとしてくれる可能性があるかもしれません。

最後に・・・

以上のように、浮気や不倫の証拠が発覚後の選択肢は色々ありますね。

自分にとっての優先順位をよく考え、探偵と相談しながらこの先の事を決めてみてください。

精神的なサポートや親身になって話を聞いてくれます。

必ず幸せな未来が待っています。

★Twitter★ https://twitter.com/sjyk045

ツイッターも追加お願い致します。