【横浜 探偵】浮気や不倫をする原因はされる側にも問題が・・・

こんにちは。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

弱っている人や困っている人の力になりたい。
どうも、横浜の探偵として活動している『シークレットジャパン横浜』です。

少しでも、読者の方に参考になればと思い書かせていただいております。

それではいってみましょう!!

・・・

・・・

浮気・不倫をする人やされる人が世の中には数多くいます。

大好きで付き合った彼氏や彼女。

永遠を約束した夫や妻。子供も授かる方もいるかもしれません。

そんな大切な人がいるのに、その関係が壊れてしまうかもしれないのに・・・

浮気や不倫をするならば、キチンと別れてからそのような行動に移れば良いのに・・・

なぜ浮気や不倫をするのでしょうか?!

なぜ浮気や不倫がなくならいのでしょうか?!

浮気をする原因やされる原因について考えてみました。

浮気や不倫をする原因について考える

世の中の男性『約45%』、女性『約20%』の方が浮気や不倫経験があるそうですが、

なぜ浮気や不倫をするのでしょか。

興味本位や火遊び心で浮気や不倫をする人達もいますが、相手への不満や悩みなどから精神状態が不安定になり正しい判断ができなく浮気や不倫をしてしまう人もいます。

浮気や不倫は許されるものではないですが、一方的に責めたてるのではなく、なぜ浮気や不倫に走ってしまったのか原因を考えてみてください。

いくつか浮気や不倫をしてしまう原因を考えてみたいと思います。

2パターンある浮気や不倫の原因

浮気や不倫の原因は2パターンあります。

1、興味本位や火遊び心に制御が効かず浮気や不倫をするパターン

人は魅力的な男性や女性にときめいてしまうものです。恋人関係や家庭があっても、我慢できずに本能のままに動いてしまう人もいます。

2、相手への不満や悩み、そして愛情が薄れている時に浮気や不倫をするパターン

相手の言動やすれ違いの数、自己中心的な態度などが原因でストレスが溜まり、その発散として、相手にはない優しさや甘い言葉に心が動いてしまう人もいます。

男性に多い傾向は、付き合ったり結婚をしてしまったら、(目標達成できたら)『私物化』が始まります。

私物化とは、女性が自分の物になったと勘違いをしてしまう人が多いようです。

なので、態度が横柄になりDVをしたり、お金を稼いできてるのは俺だから何しようが良いだろと遊びまわり、好奇心や気の緩みから自制心を抑制できなくなってしまうそうです。

反対に女性は、相手への不満やストレスが蓄積され、浮気や不倫に流されることが多いそうです。

一概には言えないですが、男性が自分本位ではなく、キチンと女性を大切していたら浮気や不倫は減少するでしょう。

こういった観点から、恋人関係や夫婦関係、自身の言動を改めることができますね。

自分本位な人が浮気や不倫をします。

不満やストレスが我慢できないほどある

同棲や結婚生活で同じ屋根の下で長い時間一緒に暮らしていると、時には不満はあります。

同じ環境で育ってきた人間ではなく、他人と暮らすのですから少しくらい不満があって当然です。

しかし、どうしても我慢できない事もあります。

通常ではありえないような態度や暴言、いわゆる『モラハラ』や、『DV』による暴力や束縛、生活費の浪費、家庭のことに全く協力しない亭主関白。

長い年月我慢し続けるには耐えがたい問題です。

お互いの気持ちを尊重し、思いやりを持ち、歩みよることが大切ですよね。

他人同士が一緒にいるのですから、自分と同じことはできないし、同じ考えでもないです。

相手の気持ちや考えを理解できない恋人や夫婦は不満やストレスが蓄積されるのは当然の事です。

なぜなら自分の考えばかり押し付けて相手の事を理解しようともしていない。

自分は良いけど相手はダメ。

幼い子供がそのまま大きくなったような感じですね。

そうすると、不満やストレス発散の方法を他に求めるようになります。

自分の事を理解してくれていると勘違いをし、優しい言葉をかけてくれる異性と出会ったら、浮気や不倫をしてしまう傾向が多いです。

異性として意識してもらえなくなった

浮気や不倫をする原因について、相手から異性として見られない為、不安やストレスを感じてしまい、浮気や不倫をしてしまう人も多いようです。

付き合う前や結婚する前まで一生懸命だった気持ちも、手に入ってしまい長い時間一緒に過ごすにつれ、気持ちも性欲も薄れてきます。いわゆるマンネリ化ですね。

マンネリ化は言葉や態度、行動、性生活にも影響してきます。

歳をとるにつれ、性生活に対する欲求に男女差があり、すれ違いが多くなるといったこともあるそうです。

男性は、30~40代につれ性欲や体力が減退してき、女性は30~40代につれ性欲が増すと研究結果でも出ています。要因としては、ホルモン活動が活発になるからだそうです。

男性と女性の性欲が逆行していき、性生活のすれ違いが起こるのは必然ということです。

また、お子さんがいる家庭では成長するにつれ、『父親』や『母親』としての意識も高くなり、性生活が減少し、異性として意識することが薄れていく要因の一つかもしれませんね。

異性よりかは同士や家族感が先行するのでしょう。

しかし、性生活もなく、異性としても意識してもらえないと年月が続くと、欲求や寂しさが蓄積されていってしまいますね。

そんな時、異性として意識してもらえる人と出会ってしまったら、心が動かされてしまう人も多いことでしょう。

引き金は精神的要因によるもの

浮気や不倫の原因は様々で絶対なるものはないのですが、共通するところはあります。

通常は、パートナーからの愛情が満たされていれば、浮気や不倫をしようという行動にはでないと思います。

ついつい異性の魅力にときめいてしまっても、現実を見て理性が働き、踏みとどまるはずです。

つまり、浮気や不倫の主となる原因は、不安や不満、ストレスからくる精神的要因が引き金となっていることがほとんどということです。

パートナーとの関係性だけが原因とは限りませんが、仕事でのトラブルやプレッシャー、上司からのいやみ、親族間での付き合い、それこそ姑と相性が悪いなど、色々と鬱憤が溜まっていき、発散を求めてしまうのこともあるかもしれません。

もしもその時、夫や妻、彼氏や彼女が優しく支えてくれたら浮気や不倫という選択をしなくても良かったのかもしれませんね。

お互いに相手を思いやる気持ちで受け入れてあげられることができれば、浮気や不倫といった、子供染みた行為を遠ざけることができますね。

合言葉は『思いやりと歩みよりを大切に

浮気や不倫をする心情

当たり前の事ですが、不倫はどんな理由があっても許されないことです。

同情する部分はあっても、許されるものではありません。

しかし、不倫をしてはいけないと頭では認識していても不倫をしてしまう人はいなくなりません。むしろSNSが普及している上、マッチングアプリなどを使用して増え続けています。

浮気や不倫をする人の心情はどのようなものなのでしょうか。

刺激を欲している

毎日変わらぬ生活が続くと、刺激が欲しくなってしまう人がいますよね。

必ずしも浮気や不倫を求めていることにはなりませんが、性欲で満たしたい人もいます。

特にセックスレスの人は性欲に走る傾向があるそうです。

異性の友人や同僚との交際を切ってしまうのは、窮屈にも感じますし、関係性が壊れてしまいますよね。二人で飲みに行ったりデートしたりするのは問題が生じやすいので、適度に距離も持って付き合えば、数名で食事やお出掛けするくらいは受け入れてあげる事も大切ですね。

現実逃避

日常生活に強いストレスや不満を感じていると現実逃避として浮気や不倫してしまうこともあります。

女性の場合ですと、夫から心もとない言葉を言われたり、普段家庭の為にしている事を認めてもらえなかったりと孤独感が押し潰されそうな時もあるのです。

そのような日常に耐えられず、現実逃避して別の男性に気持ちが向くこともあります。

男性の場合ですと、仕事や付き合いで家にいないことが多いですし、家にいても邪魔者扱いされ孤独を感じていることもあります。

0歳から5歳くらいまでの子育て時期は、奥さんの意識が子供に向いてしまうので、自分の存在が薄くなっていると感じてしまう事もあるでしょう。

この時期の男性が不倫する事が非常に多いです。

そんな時、別の女性と出会ったり、優しく接してくれる友達や同僚がそばにいたら浮気や不倫をしてしまう可能性大ですね。

性欲を放出したい

性欲を放出したいだけという理由で浮気や不倫に走る人もいます。

男性がその傾向が強そうですが、実は女性もその傾向が強い人が多く、浮気や不倫をするのです。

特に女性専用の風俗が多くはないですから、マッチングアプリやSNSを通じて出会いを求めているのです。

恋人や夫婦間が悪くなる傾向として、セックスレスの原因が大きいと言われています。

恋人や夫婦間での夜の営みは大切です。

浮気や不倫をされる原因は?

浮気や不倫を正当化する人がたまにいらっしゃいますが、その考え方は間違っていると思いますが、浮気や不倫をされる側の人に原因が全くないかと言えば、そんなこともないと思います。

なので、浮気や不倫をされる原因を考えてみました。

無関心な態度をパートナーにとる

付き合ってる期間が長くなったり結婚生活が長くなると、マンネリ化になってきます。

良い意味でも悪い意味でも落ち着いてしまい、相手がいるのが当たり前になってきます。

日々の生活に追われて記念日や誕生日を忘れてしまったり、お出掛けする頻度も少なくなってくる。

そのようになってくると、愛情を感じる事ができなくなってきてしまい、逆に愛情が薄れてしまう事だってありえます。

相手の存在をないがしろにするのではなく、思いやりを持って接し、相手の事を考え行動するよう心掛ける事が大切です。

ここで面白いのが、このような態度や接し方をしていると、身だしなみなどの外見にもそのまま出ます。

だらしない行動や外見の人よりも、相手の事を考え行動し、身だしなみにも気を配れる人に惹かれてしまうのは当然の事です。

身から出た錆にならないよう、意識を高く持ちましょう。

依存度が高い

彼氏彼女、夫や妻への依存度が高過ぎるのも危ないです。

目の前の事しか見えなくなりますし、嫉妬や束縛が凄いのが特徴的ですね。

依存体質に見られる傾向は下記の6つの要素を持つ人が多いそうです。

 1、普段は強がってはいるが、実のところは寂しがり屋な性格である

 2、承認欲求が強く、周囲の人達に認められたいと内心で思っている

 3、好きな人や恋人ができると、すぐにプレゼントを購入したりする

 4、自分の事よりも相手の事を優先しがちになりやすい

 5、基本的に彼氏彼女などの異性が途切れたことがない

 6、一人になると、寂しさや空虚感に襲われることがある

誰かにすがるのではなく、自立した人間になりましょう

最後に・・・

浮気や不倫の原因、される側の原因について記載させてみましたが、少しは参考になっていただけますと嬉しいです。

原因は理解できたけれども、やはり許せない思いや証拠を見つけて明らかにしたいという人は、探偵にご相談していただくのが最善です。

★Twitter★ https://twitter.com/sjyk045

ツイッターも追加お願い致します。